浮気した妻に400万円の慰謝料を認めさせ、調停離婚を成立させた事例

依頼者:30代夫
相手方:30代妻
子:2人(小学生)
離婚原因:夫の暴力、妻の浮気
離婚等の種類:調停
親権:妻
受任から解決までの期間:1か月

事案

妻が弁護士を立てて調停を申し立ててきたという事案です。
夫も離婚自体には同意していましたが、離婚条件が折り合いませんでした。妻が一刻も早く離婚をしたいと希望したため、妻の希望に従って調停離婚を成立させました。

 

弁護士からのコメント

離婚が成立するまでは、収入のある側が他方の生活費を負担しなければなりません。そこで、離婚の話し合いが長引くと、夫が好きでもない妻の生活費のために働いているというふうになったりします
本件は、このような負担から早期に解放されることとなりましたので、夫にとっては願ってもない話しでした。しかし、これは稀なケースであり、一般的にはきっちり離婚の条件を詰めてからでないと離婚をすることはありません
なお、離婚から2年間は財産分与の話し合いができ、慰謝料も3年間は消滅時効にかかりません。

解決事例の解決事例

調停離婚の解決事例

  • 離婚に関する基礎知識を弁護士が詳しく解説!

    • 離婚手続き
    • 離婚の種類
    • DVについて
    • モラハラについて
  • 当日・翌日のご相談予約受付中まずはお電話ください

    大関弁護士への初回相談専用番号 0297-85-3352 平日9:00-18:00(夜間・土日対応) JR常磐線佐貫駅東口 徒歩4分

    CONTENT MENU

    Access map

    事務所イメージ

    取手駅前法律事務所

    〒301-0032
    茨城県取手市取手2-10-15
    ナガタニビル5階

    JR常磐線 取手駅東口徒歩2分

    大関弁護士への初回相談専用番号 0297-85-3352 平日9:00-18:00(夜間・土日対応)

    アクセスマップはこちら

    対応エリア
    茨城県を中心に龍ヶ崎市、取手市、牛久市、つくば市守谷市、つくばみらい市、土浦市かすみがうら市、稲敷市、利根町、河内町、阿見町、美浦村 に対応

    茨城県南の弁護士による法律相談

    茨城県南の弁護士による離婚・慰謝料・財産分与相談

    離婚相談票 ダウンロードはこちら

    TOPへ戻る