財産分与として共有財産を全て支払って協議離婚を成立させた事例

依頼者:30代夫
相手方:20代妻
離婚原因:妻の暴力、暴言
離婚等の種類:協議


解決金:約30万円/支払い方法:一括/受任から解決までの期間:4ヶ月

 

事案

夫が妻の暴力、暴言に耐えられなくなり、何もいらないからともかく離婚したいと希望した事案です。

当初、妻は復縁を希望しており、離婚をするとしても納得のいく説明がない場合には離婚に応じないと言って、直接の話し合いを要求してきたため、弁護士立ち会いのもと話し合いが行われました。

その後、妻は、今度は、弁護士抜きで2人きりで話し合いをしたいと要求をしてきました。当方としては、伝えるべきことは全て伝え済みであるため、これ以上は話し合いをするつもりはなく、協議離婚をする意思がないのであれば、調停を申し立てる旨伝えたところ、先方も復縁を断念し、協議離婚を成立させることができました。

 

弁護士からのコメント

本件は妻に離婚を決意してもらうこととが一番大変でした。

妻は、何度も直接の話し合いを要求してきましたが、2回目以降の話し合いは毅然とした態度で断り、然るべき手続(調停)を進める旨を伝えたのが功を奏したようでした。

先方が主導権を握って話しを進めようとすることがありますが、相手のペースに乗ることなく、あくまでこちらのペースで話しを進めることも重要です。ただし、一律にそのような対応をすればよいというわけではなく、先方の性格を踏まえたうえで個別に対処しないと、かえって解決が遅くなることもありますので注意が必要です。

財産分与については、きっちり折半する方法でもよいですが、金額がそれほど大きくないのであれば、本件のように手切れ金のつもりで先方に全て渡してしまってもよいでしょう。そのほうが先方が離婚に応じてくれる可能性が高まります。

協議離婚の解決事例

解決事例の解決事例

財産分与の解決事例

  • 離婚に関する基礎知識を弁護士が詳しく解説!

    • 離婚手続き
    • 離婚の種類
    • DVについて
    • モラハラについて
  • 当日・翌日のご相談予約受付中まずはお電話ください

    大関弁護士への初回相談専用番号 0297-85-3352 平日9:00-18:00(夜間・土日対応) JR常磐線佐貫駅東口 徒歩4分

    CONTENT MENU

    Access map

    事務所イメージ

    取手駅前法律事務所

    〒301-0032
    茨城県取手市取手2-10-15
    ナガタニビル5階

    JR常磐線 取手駅東口徒歩2分

    大関弁護士への初回相談専用番号 0297-85-3352 平日9:00-18:00(夜間・土日対応)

    アクセスマップはこちら

    対応エリア
    茨城県を中心に龍ヶ崎市、取手市、牛久市、つくば市守谷市、つくばみらい市、土浦市かすみがうら市、稲敷市、利根町、河内町、阿見町、美浦村 に対応

    茨城県南の弁護士による法律相談

    茨城県南の弁護士による離婚・慰謝料・財産分与相談

    離婚相談票 ダウンロードはこちら

    TOPへ戻る