夫の不倫相手から、慰謝料を220万円回収した事例

依頼者:30代妻
相手方:30代夫の不倫相手


解決金:220万円/支払い方法:一括/受任から解決までの期間:3ヶ月

 

事案

妻の不貞行為の相手方に対し、慰謝料として500万円を請求したところ、相手方より音沙汰がなかったため訴訟を提起したという事案です。相手方は訴訟も欠席したため、事実関係については争わなかったものとみなされています。
第1回期日で結審し、次回期日において220万円の判決が言い渡されました。

 

弁護士からのコメント

被告が何の書面も出さずに訴訟を欠席した場合、被告が原告の主張する事実を争わなかったという扱いになります。つまり、本件との関係でいえば、特に証拠を提出しなくても「相手方が妻と浮気した」というこちら側の主張が認められることとなります。本件でも相手方が欠席した結果、そのように扱われました。
もっとも、慰謝料の金額については、裁判所の裁量ですので、いわゆる相場に落ち着きます。裁判所は、相場の金額である200万円と弁護士費用1割を加えた220万円であれば直ぐにでも判決を出しますよという態度でしたのでこれに従いました。もし、この金額に納得がいかないということであれば、損害の部分についてもう少し具体的な主張を行って増額を目指すことになります。この場合、婚姻期間が相当長いだとか不貞行為の頻度、期間などを立証することになりますが、不貞行為の頻度、期間については立証ができないことの方が多いのであまり増額は望めません。

慰謝料請求の解決事例

解決事例の解決事例

  • 離婚に関する基礎知識を弁護士が詳しく解説!

    • 離婚手続き
    • 離婚の種類
    • DVについて
    • モラハラについて
  • 当日・翌日のご相談予約受付中まずはお電話ください

    大関弁護士への初回相談専用番号 0297-85-3352 平日9:00-18:00(夜間・土日対応) JR常磐線佐貫駅東口 徒歩4分

    CONTENT MENU

    Access map

    事務所イメージ

    取手駅前法律事務所

    〒301-0032
    茨城県取手市取手2-10-15
    ナガタニビル5階

    JR常磐線 取手駅東口徒歩2分

    大関弁護士への初回相談専用番号 0297-85-3352 平日9:00-18:00(夜間・土日対応)

    アクセスマップはこちら

    対応エリア
    茨城県を中心に龍ヶ崎市、取手市、牛久市、つくば市守谷市、つくばみらい市、土浦市かすみがうら市、稲敷市、利根町、河内町、阿見町、美浦村 に対応

    茨城県南の弁護士による法律相談

    茨城県南の弁護士による離婚・慰謝料・財産分与相談

    離婚相談票 ダウンロードはこちら

    TOPへ戻る