W不倫で、一方が慰謝料を支払う内容で示談を成立させた事例

依頼者:30代夫
相手方:不倫相手の夫


解決金:30万円/支払い方法:一括/受任から解決までの期間:3ヶ月

 

事案

W不倫で、双方の夫婦全員が不貞行為の事実を把握していたという事案です。職場の同僚同士の不倫であり、不貞行為発覚後、一方が職場を退職しています。
なお、両夫婦とも離婚には至りませんでした。

 

弁護士からのコメント

職場の同僚同士で不貞行為に及んでしまうパターンは非常に多いです。近場に自分の奥さんまたは旦那さんより魅力的な人がいるということで、貞操観念が揺らいでしまうのでしょうか。
弁護士のところに相談にくる方は氷山の一角であり、弁護士のところに相談する前に解決したり、あるいは不貞行為自体が配偶者や周囲にばれていないというケースも当然あるでしょうから、実際の数はもっと多いと思われます。
本件はW不倫ですので、お互いに今後の接触を断つ内容の合意書を作成するに留まるかとも思われましたが、一方が職場の退職を余儀なくされたため、そちら側の夫婦により精神的な損害が発生しているとして、損害に差を設けることとなりました。双方の夫婦の状況次第では、あえて損害額に差をつけて、実際に金銭のやり取りをする前提で解決することもあり得ます。

 

慰謝料請求の解決事例

解決事例の解決事例

  • 離婚に関する基礎知識を弁護士が詳しく解説!

    • 離婚手続き
    • 離婚の種類
    • DVについて
    • モラハラについて
  • 当日・翌日のご相談予約受付中まずはお電話ください

    大関弁護士への初回相談専用番号 0297-85-3352 平日9:00-18:00(夜間・土日対応) JR常磐線佐貫駅東口 徒歩4分

    CONTENT MENU

    Access map

    事務所イメージ

    取手駅前法律事務所

    〒301-0032
    茨城県取手市取手2-10-15
    ナガタニビル5階

    JR常磐線 取手駅東口徒歩2分

    大関弁護士への初回相談専用番号 0297-85-3352 平日9:00-18:00(夜間・土日対応)

    アクセスマップはこちら

    対応エリア
    茨城県を中心に龍ヶ崎市、取手市、牛久市、つくば市守谷市、つくばみらい市、土浦市かすみがうら市、稲敷市、利根町、河内町、阿見町、美浦村 に対応

    茨城県南の弁護士による法律相談

    茨城県南の弁護士による離婚・慰謝料・財産分与相談

    離婚相談票 ダウンロードはこちら

    TOPへ戻る