不貞行為の慰謝料請求訴訟を行い、双方から合計180万円を回収した事例

 

依頼者:40代夫
相手方:妻、不貞相手いずれも40代 


解決金:180万円/支払い方法:分割/受任から解決までの期間:2年半

 

事案

妻と不貞相手を被告とする慰謝料請求とともに、別途、妻との間で離婚調停を行っていたという事案です。妻からは離婚調停で慰謝料を回収した後に訴訟を取り下げ、不貞相手からは訴訟上で和解することにより慰謝料を回収しました。

弁護士からのコメント

不貞行為の事実自体に争いはありませんでしたが、妻側が、不貞行為時に既に婚姻関係が破綻していたと頑なに主張したため、解決までにかなりの時間を費やしました。
たしかに、不貞行為時に既に婚姻関係が破綻していたといえれば、不貞行為によって夫婦関係が壊れたわけではないので、慰謝料の支払義務は発生しません。このような主張がなされることは往々にしてあります。夫婦が同居をしているにもかかわらずこのような弁解をしてくるケースが多いですが、同居中の場合には裁判所がこの主張を採用することはないといっていいでしょう。
なお、本件では、不貞行為時に婚姻関係が破綻していたかどうかだけのために本人尋問まで行われました。裁判所としては、不貞行為時には婚姻関係は破綻していなかったという心証を開示していましたが、それでもなお妻側がこの主張に固執したため、当事者のガス抜きの意味も込めて尋問が行われたのです。

 

慰謝料請求の解決事例

解決事例の解決事例

  • 離婚に関する基礎知識を弁護士が詳しく解説!

    • 離婚手続き
    • 離婚の種類
    • DVについて
    • モラハラについて
  • 当日・翌日のご相談予約受付中まずはお電話ください

    大関弁護士への初回相談専用番号 0297-85-3352 平日9:00-18:00(夜間・土日対応) JR常磐線佐貫駅東口 徒歩4分

    CONTENT MENU

    Access map

    事務所イメージ

    取手駅前法律事務所

    〒301-0032
    茨城県取手市取手2-10-15
    ナガタニビル5階

    JR常磐線 取手駅東口徒歩2分

    大関弁護士への初回相談専用番号 0297-85-3352 平日9:00-18:00(夜間・土日対応)

    アクセスマップはこちら

    対応エリア
    茨城県を中心に龍ヶ崎市、取手市、牛久市、つくば市守谷市、つくばみらい市、土浦市かすみがうら市、稲敷市、利根町、河内町、阿見町、美浦村 に対応

    茨城県南の弁護士による法律相談

    茨城県南の弁護士による離婚・慰謝料・財産分与相談

    離婚相談票 ダウンロードはこちら

    TOPへ戻る