和解離婚

IMG_3145和解離婚とは、離婚訴訟の途中で裁判所から和解が勧告され成立する離婚のことです。

平成16年4月1日に施行された新しい人事訴訟法では、裁判上の和解による離婚が認められるようになりました。

離婚事件が裁判所による和解で終結するケースはこれまでもありましたが、これまでは離婚については協議離婚の方法をとり、財産分与等のその他の条件については和解の形をとっていました。

 

和解調書の効力と注意点

和解調書は離婚訴訟の途中でも、離婚の合意がなされた場合に作成されます。

和解調書には判決と同じ法的な効力があるため、記された養育費の取り決めや慰謝料の支払い、財産分与などの支払いが滞った時には強制執行を行うことができます。

なお、和解調書に法的効力があるとはいえ、離婚届の提出は必要です。申立人は和解離婚日から10日以内に市区町村役場へ和解調書の謄本を添えて離婚届を提出しなければなりません。

また、裁判所から和解勧告があっても、納得できない場合、必ずしも応じる必要はありません。

和解に応じるべきかどうかは、弁護士にご相談ください。

 


  • 離婚に関する基礎知識を弁護士が詳しく解説!

    • 離婚手続き
    • 離婚の種類
    • DVについて
    • モラハラについて
  • 当日・翌日のご相談予約受付中まずはお電話ください

    大関弁護士への初回相談専用番号 0297-85-3352 平日9:00-18:00(夜間・土日対応) JR常磐線佐貫駅東口 徒歩4分

    CONTENT MENU

    Access map

    事務所イメージ

    取手駅前法律事務所

    〒301-0032
    茨城県取手市取手2-10-15
    ナガタニビル5階

    JR常磐線 取手駅東口徒歩2分

    大関弁護士への初回相談専用番号 0297-85-3352 平日9:00-18:00(夜間・土日対応)

    アクセスマップはこちら

    対応エリア
    茨城県を中心に龍ヶ崎市、取手市、牛久市、つくば市守谷市、つくばみらい市、土浦市かすみがうら市、稲敷市、利根町、河内町、阿見町、美浦村 に対応

    茨城県南の弁護士による法律相談

    茨城県南の弁護士による離婚・慰謝料・財産分与相談

    離婚相談票 ダウンロードはこちら

    TOPへ戻る