住宅ローンの残っている持ち家

婚姻後、住宅ローンを組んで新居を購入していたというような場合、その不動産も離婚時の財産分与の対象となります。

購入したのは新居ではなく中古物件であるとか分譲マンションであるという場合ももちろん財産分与の対象です。


持ち家に関しては、

現時点における土地及び建物の査定額というプラスの部分

住宅ローンの残高というマイナスの部分が出てきます。

その合計額が持ち家の価値となりますが、多くの場合、

合計額がマイナスのいわゆるオーバーローンの状態となります。

 

基本的には、持ち家を取得する側が今後のローンの支払いをしていくことになります。

 

持ち家を取得しない側がローンの債務者となっているような場合

問題となるのは、持ち家を取得しない側がローンの債務者となっているような場合です。

主債務者ではなく連帯保証人となっている場合や連帯債務者となっている場合も同様です。

 

持ち家を取得しない側としては、持ち家を取得した側が住宅ローンの支払いを滞らせた場合に請求が自分のところにきてしまいますので、当然に債務者の地位から離脱したいと思います。

 

相手から「離婚後も責任をもって住宅ローンを支払うから安心して」ということを言われたりしますが、これから離婚する人を信用するのも難しいです。

 

持ち家を取得する側が借り換えによりローンを全額返済し、新たに自分自身でローンを組み直すことができれば一番よいのですが、現実には審査が通らないことがほとんどであり、借り換えが成功した事案に遭遇したことはありません。

 

結局のところ、不安定な地位のままやむを得ず離婚をしているのが現状となります。

 

なお、財産分与は、不動産だけでなく、預貯金や生命保険の解約返戻金等も含めた共有財産の総額を検討します

 

不動産がオーバーローン状態で他にめぼしい財産がない場合、共有財産の総額自体がマイナスになってしまいますが、このような場合、実務的には裁判所は分与すべき財産がないとして財産分与の判断をせずに判決を言い渡してくることがあります

 

どちらも持ち家に住むつもりがない場合には、

裁判所では何も解決せずに債務者側がローンを負ったままとなりますので、

離婚後に破産を余儀なくされたりします。

 


  • 離婚に関する基礎知識を弁護士が詳しく解説!

    • 離婚手続き
    • 離婚の種類
    • DVについて
    • モラハラについて
  • 当日・翌日のご相談予約受付中まずはお電話ください

    大関弁護士への初回相談専用番号 0297-85-3352 平日9:00-18:00(夜間・土日対応) JR常磐線佐貫駅東口 徒歩4分

    CONTENT MENU

    Access map

    事務所イメージ

    取手駅前法律事務所

    〒301-0032
    茨城県取手市取手2-10-15
    ナガタニビル5階

    JR常磐線 取手駅東口徒歩2分

    大関弁護士への初回相談専用番号 0297-85-3352 平日9:00-18:00(夜間・土日対応)

    アクセスマップはこちら

    対応エリア
    茨城県を中心に龍ヶ崎市、取手市、牛久市、つくば市守谷市、つくばみらい市、土浦市かすみがうら市、稲敷市、利根町、河内町、阿見町、美浦村 に対応

    茨城県南の弁護士による法律相談

    茨城県南の弁護士による離婚・慰謝料・財産分与相談

    離婚相談票 ダウンロードはこちら

    TOPへ戻る