預貯金の財産分与

離婚する際に財産分与の対象となる代表的なもののひとつです。

共有財産は夫婦で協力しあって形成された財産を折半しましょうという制度です。

そこで、夫婦間の協力がなくなった時点、すなわち別居時または離婚時の預貯金の残高が基準となります

 

共有財産の考え方からすれば、婚姻時からあった預貯金は夫婦の協力は関係ありませんので、

婚姻時の預貯金残高から別居時の預貯金残高を引いた金額が共有財産に該当しそうです。

 

しかしながら、婚姻時の預貯金口座に婚姻中の給与が振り込まれているような場合、特有財産に共有財産が混入して見分けがつかなくなったとして、裁判所は、別居時の金額しかみてくれません。

逆にいえば、婚姻時の預貯金に共有財産が全く混入していない場合には、特有財産として財産分与の対象外として判断してもらえる可能性が高いです。

 

 


  • 離婚に関する基礎知識を弁護士が詳しく解説!

    • 離婚手続き
    • 離婚の種類
    • DVについて
    • モラハラについて
  • 当日・翌日のご相談予約受付中まずはお電話ください

    大関弁護士への初回相談専用番号 0297-85-3352 平日9:00-18:00(夜間・土日対応) JR常磐線佐貫駅東口 徒歩4分

    CONTENT MENU

    Access map

    事務所イメージ

    取手駅前法律事務所

    〒301-0032
    茨城県取手市取手2-10-15
    ナガタニビル5階

    JR常磐線 取手駅東口徒歩2分

    大関弁護士への初回相談専用番号 0297-85-3352 平日9:00-18:00(夜間・土日対応)

    アクセスマップはこちら

    対応エリア
    茨城県を中心に龍ヶ崎市、取手市、牛久市、つくば市守谷市、つくばみらい市、土浦市かすみがうら市、稲敷市、利根町、河内町、阿見町、美浦村 に対応

    茨城県南の弁護士による法律相談

    茨城県南の弁護士による離婚・慰謝料・財産分与相談

    離婚相談票 ダウンロードはこちら

    TOPへ戻る