離婚を地元の弁護士に依頼すべき理由

o_200離婚について弁護士に相談しようとお考えの方は、①知り合いの弁護士に相談するか、②知人のツテを頼って弁護士を紹介してもらうか、③インターネットで検索して弁護士を探されると思います。

そのなかでも③インターネットで検索する場合、Yahoo(ヤフー)やGoogle(グーグル)で「離婚 弁護士」、「離婚 法律事務所」などと検索すると、東京の法律事務所をはじめとする遠方のホームページがたくさん出てきます。
 検索で出てくる事務所は、初回相談を無料としている事務所も多いので、まずは実際に相談を受け、その事務所や弁護士が気に入れば、事件処理を依頼してもよいでしょう。

 ですが、都内へのアクセスがあまり良くない場所にお住まいの場合には、都内の法律事務所に事件を依頼するか慎重に検討すべきでしょう。
 これから相談しようと思っている内容を思い浮かべてみてください。離婚に至る経緯、離婚原因、子の親権、面会交流、財産分与、慰謝料、現在の収入状況など、離婚問題について判断するのに必要な情報は多岐にわたります。また、離婚の話し合いの進捗状況によっては、再度、相談しておかなければ不安になることもあります
 さらに、遠方の法律事務所に依頼をした場合、時間的にも経済的にも打ち合わせが負担となります。打ち合わせを十分に行わず、電話やメールだけで事件処理を進めると、弁護士と十分な意思疎通ができず、ご自身の心情にそぐわない結果となってしまう危険もあります。

 離婚事件は、損得だけではなく、当事者の心情に沿った解決が優先される事件です。実際の事件処理にあたって、ご本人が重要でないと思っている事実が実は重要だったというような場合もあります。このような事実や当事者のお気持ちは、弁護士と顔を合わせて打ち合わせをする中で把握されていきます。

 このように、離婚事件は他の事件と比較しても弁護士との打ち合わせが重要な事件といってよいでしょう。
 弁護士は、離婚に関する事案を多数処理しているので、その経験から、法的な面だけでなく、心理面での実践的なサポートもすることができます。ご依頼になったら、納得するまで何度も打ち合わせを行うとよいでしょう。
 つまり、打ち合わせを面倒に思わず、何度でも話を聞いてくれる弁護士がよい弁護士であるといってよいと思います

 当事務所では初回のご相談で離婚事件の処理をご依頼になる方はわずかです。
 それは、すぐに弁護士に依頼することをお勧めしていないからです。離婚事件の大多数は当事者間の協議で解決するものであり、多少こじれていても、弁護士のアドバイスを受ければ当事者同士で解決できるものが多いです。
 ご相談を受け、ご本人では解決困難な場合に初めてご依頼をお受けしています。そのときにはご相談の案件について事情を伺っており、ご本人の希望がどこにあるかを十分把握できていますので、直ちに事件処理を進めることができます。
 このように、離婚事件は何かあったときにすぐ相談・対応できる地元の弁護士に依頼することが重要であると私は考えています。

 


  • 離婚に関する基礎知識を弁護士が詳しく解説!

    • 離婚手続き
    • 離婚の種類
    • DVについて
    • モラハラについて
  • 当日・翌日のご相談予約受付中まずはお電話ください

    大関弁護士への初回相談専用番号 0297-85-3352 平日9:00-18:00(夜間・土日対応) JR常磐線佐貫駅東口 徒歩4分

    CONTENT MENU

    Access map

    事務所イメージ

    取手駅前法律事務所

    〒301-0032
    茨城県取手市取手2-10-15
    ナガタニビル5階

    JR常磐線 取手駅東口徒歩2分

    大関弁護士への初回相談専用番号 0297-85-3352 平日9:00-18:00(夜間・土日対応)

    アクセスマップはこちら

    対応エリア
    茨城県を中心に龍ヶ崎市、取手市、牛久市、つくば市守谷市、つくばみらい市、土浦市かすみがうら市、稲敷市、利根町、河内町、阿見町、美浦村 に対応

    茨城県南の弁護士による法律相談

    茨城県南の弁護士による離婚・慰謝料・財産分与相談

    離婚相談票 ダウンロードはこちら

    TOPへ戻る