DV夫との離婚

IMG_3012離婚をお考えの方の多くは、だれもが精神的に大変な思いをされていますが、配偶者からのDV(ドメスティックバイオレンス)がある場合は、状況は更に深刻であると思います。

 

 

 

 

 

 

 

DVを受けているが、離婚に躊躇されている場合

配偶者からDVを受けているが、離婚に躊躇されている場合もあると思います。

DVのケースでは、どんなに暴力を受けても結婚生活は継続したい・・・という方もおられます。

いつかは相手が変わってくれると信じて、長い年月を過ごされている方もいます。
配偶者から色々言われて、「自分に原因があるのでは?」と思われる方もいます。

しかし、私たちが多くのご相談に応じてきた経験からすると、このような場合、事態が好転することはありません。放置すれば、あなたの子供も被害者になりうるのです。

もちろん、離婚だけが選択肢ではありません。当事務所では、あなたの事情を踏まえて、あなたとあなたの家族の生活が好転するようにアドバイスさせて頂きます。

 

DVを受けており、離婚を検討されている場合

DV夫と離婚したい、というケースでは、できるだけ早く弁護士に相談されることをお勧めします。

というのは、DV夫の場合、本人同志で話し合って離婚する事が、多くの場合難しいからです。

離婚の話をすることで、かえって暴力を助長する事もあります。

こういうケースでは、弁護士を代理人として話し合い、場合によっては調停などを申し立てた方が良いと思われます。

 

弁護士や第三者に相談すると、余計に相手を怒らせ、DVがひどくなることを心配されるかも知れませんが、弁護士にご相談いただければ、あなたを守りながら、安全に離婚する方法を一緒に考えます。

 

勇気を出して、弁護士にご相談ください。

 


  • 離婚に関する基礎知識を弁護士が詳しく解説!

    • 離婚手続き
    • 離婚の種類
    • DVについて
    • モラハラについて
  • 当日・翌日のご相談予約受付中まずはお電話ください

    大関弁護士への初回相談専用番号 0297-85-3352 平日9:00-18:00(夜間・土日対応) JR常磐線佐貫駅東口 徒歩4分

    CONTENT MENU

    Access map

    事務所イメージ

    取手駅前法律事務所

    〒301-0032
    茨城県取手市取手2-10-15
    ナガタニビル5階

    JR常磐線 取手駅東口徒歩2分

    大関弁護士への初回相談専用番号 0297-85-3352 平日9:00-18:00(夜間・土日対応)

    アクセスマップはこちら

    対応エリア
    茨城県を中心に龍ヶ崎市、取手市、牛久市、つくば市守谷市、つくばみらい市、土浦市かすみがうら市、稲敷市、利根町、河内町、阿見町、美浦村 に対応

    茨城県南の弁護士による法律相談

    茨城県南の弁護士による離婚・慰謝料・財産分与相談

    離婚相談票 ダウンロードはこちら

    TOPへ戻る