内縁破棄の慰謝料請求

内縁とは

IMG_3020内縁とは婚姻届を出していない以外は、結婚しているのと変わらず同棲し、共同生活を送っていることをいいます。

ただの同棲と違うのは、お互いに夫婦関係を成立させようとする合意があること、事実上の夫婦共同生活を営んでいることです。(ただし、挙式を行っていれば、同居生活を送っていなくても、内縁と認められる場合もあります)

 

 

 

 

 

内縁関係で認められる権利・義務

内縁関係は法律上、婚姻届をだしている夫婦とほぼ同じ権利・義務があります。

①扶養、協力、同居義務 ・・・事実上の夫婦のような関係です。
②貞操義務 ・・・浮気をしてはいけません。
③日常家事債務の連帯責任・・・配偶者の借金を背負うことがあります。
④婚姻費用の分担 ・・・生活費の分担です。

このような内縁関係を解消することを、内縁破棄や内縁解消といいます。
内縁破棄(解消)は婚姻届を出していないので、自由にできますが、不当に放棄された場合、慰謝料請求ができます。

 

不当に放棄された場合とは下記です。

①内縁関係の夫(妻)が浮気した
②内縁関係の夫(妻)からDVを受けた
③内縁関係の夫(妻)の生死が3年以上明らかでない
④内縁関係の夫(妻)が回復不能な精神病にかかってしまった
⑤その他、内縁関係を継続し難い重大な事由がある

内縁破棄の慰謝料の相場

慰謝料の相場は、内縁関係の期間、内縁破棄の理由、精神的苦痛の程度、不貞行為の程度、子供の有無、年齢、社会的地位、支払う側の資力、内縁破棄後の生活状況などが考慮されますが、大体の相場は数十万円~200万円程度です。
浮気が原因で内縁破棄になった場合、浮気相手にも慰謝料を請求することができます。

 

内縁破棄の慰謝料請求方法

内縁破棄の慰謝料請求方法は、婚姻関係がある場合の慰謝料請求と同じですので、こちらをご覧ください。

 

内縁関係の証明方法

内縁破棄で慰謝料請求する場合、相手方から予想される反論として、「自分は内縁関係にあったと思っていない」といわれることがあります。
ですので、単なる同棲ではなく、内縁関係を証明する必要があります。
内縁関係を証明する方法としては、住民票続柄に夫(未届)、妻(未届)と表記されている場合、配偶者や、内縁の妻と書かれたマンションの契約書がある場合などは確実ですが、両親や知人・友人、ご近所様等の証言でも有効な場合があります。また、同棲期間や生活実態によっては内縁と認定されることもあるようです。

 

内縁破棄で慰謝料請求をお考えの方は当事務所までご相談ください。

 

 


慰謝料の解決事例

  • 離婚に関する基礎知識を弁護士が詳しく解説!

    • 離婚手続き
    • 離婚の種類
    • DVについて
    • モラハラについて
  • 当日・翌日のご相談予約受付中まずはお電話ください

    大関弁護士への初回相談専用番号 0297-85-3352 平日9:00-18:00(夜間・土日対応) JR常磐線佐貫駅東口 徒歩4分

    CONTENT MENU

    Access map

    事務所イメージ

    取手駅前法律事務所

    〒301-0032
    茨城県取手市取手2-10-15
    ナガタニビル5階

    JR常磐線 取手駅東口徒歩2分

    大関弁護士への初回相談専用番号 0297-85-3352 平日9:00-18:00(夜間・土日対応)

    アクセスマップはこちら

    対応エリア
    茨城県を中心に龍ヶ崎市、取手市、牛久市、つくば市守谷市、つくばみらい市、土浦市かすみがうら市、稲敷市、利根町、河内町、阿見町、美浦村 に対応

    茨城県南の弁護士による法律相談

    茨城県南の弁護士による離婚・慰謝料・財産分与相談

    離婚相談票 ダウンロードはこちら

    TOPへ戻る