SNS(LINE、Facebook等)と不貞(浮気・不倫)行為の証拠の有効性

近年、LINEやFacebook、Twitter等のSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)が発達しています。特に国内でのLINE利用者数は6000万人を超え、2人に1人はLINEを利用していると言われています。

気軽に利用できるため、そこでのやり取りから重大な秘密が明らかになることもあります。最近では、配偶者のスマートフォンをチェックしたら、SNSの履歴から浮気が発覚したという相談を受ける機会が増えてきました。

SNSでのやり取りが不貞の証拠になるのかという点については、そのやり取りの内容次第としかいえません。

全く事情を知らない人がみて「これは完全にアウトだね」という内容であれば、裁判を行った場合に慰謝料を取れる可能性は高いです。

もっとも、個人のプライバシーも重要な権利ですので、違法な手段で入手した証拠を裁判で提出しても証拠として採用されないこともあります

IMG_3012

SNSでの怪しいやり取りが発覚し、話し合いを持つことで相手方が不貞行為を認めるというパターンはあります。

その際には、不貞行為を認めた内容を書面に残したり、音声を録音したりすることは有効ですが、最近は、不貞行為を認める内容の書面を確保しても証拠として不十分だと裁判所に判断されてしまうこともあるようです。

相手方に不貞が疑われた時点で、弁護士に相談をするのが無難です。

 


慰謝料の解決事例

  • 離婚に関する基礎知識を弁護士が詳しく解説!

    • 離婚手続き
    • 離婚の種類
    • DVについて
    • モラハラについて
  • 当日・翌日のご相談予約受付中まずはお電話ください

    大関弁護士への初回相談専用番号 0297-85-3352 平日9:00-18:00(夜間・土日対応) JR常磐線佐貫駅東口 徒歩4分

    CONTENT MENU

    Access map

    事務所イメージ

    取手駅前法律事務所

    〒301-0032
    茨城県取手市取手2-10-15
    ナガタニビル5階

    JR常磐線 取手駅東口徒歩2分

    大関弁護士への初回相談専用番号 0297-85-3352 平日9:00-18:00(夜間・土日対応)

    アクセスマップはこちら

    対応エリア
    茨城県を中心に龍ヶ崎市、取手市、牛久市、つくば市守谷市、つくばみらい市、土浦市かすみがうら市、稲敷市、利根町、河内町、阿見町、美浦村 に対応

    茨城県南の弁護士による法律相談

    茨城県南の弁護士による離婚・慰謝料・財産分与相談

    離婚相談票 ダウンロードはこちら

    TOPへ戻る