離婚で弁護士を選ぶときのポイント

法的な紛争が発生し、当事者同士で解決することが困難な場合には、法律の専門家に事件の処理を依頼することとなります。その際にどのような弁護士を選ぶべきかという点については、一般論としては離婚でもその他の事案でも変わりありません。

いわゆるホウレンソウ(報告・連絡・相談)がきちんとでき、コミュニケーションがきちんと取れる弁護士であれば問題ないと思います。また、事件はある程度の期間をかけて解決していくことになります。それなりに長いお付き合いとなりますので、実際に相談をしてみて弁護士の性格や考え方が自分とは合わないと感じたまま、その弁護士に依頼をしてしまうと、事件の解決まで気を遣い続けて疲れてしまうということもあり得ます。なので、相性が悪いと感じた場合には、別の弁護士にも相談して、自分に合った弁護士を選んでいただければ幸いです。

そして、上記一般論のほかに、特に離婚事件を依頼する場合の弁護士の選び方としては、まず、当然ですが離婚の事件処理に精通しているという点です。検討すべき事項を検討しないまま事件処理をしてしまい、後で紛争を蒸し返すことがあってはいけません。また、離婚事件の処理に精通していないと、交渉や手続に必要以上に時間がかかってしまうこともあります

また、法律事務所の場所も重要です。当事者同士の協議で解決しないようなケースは、多くの場合、家庭裁判所で調停をすることになりますが、調停は、相手方の住所を管轄とする家庭裁判所に申立てをしなければなりません。調停を行う家庭裁判所と法律事務所が遠い場合には、交通費がかさむことになり、日当が発生することもありますので、通常の場合よりも負担が大きくなることが予想されます。

そして、離婚の原因が相手方のモラハラのような場合には、協議時に相手方の態度が高圧的であることがありますので、そのようなストレスにある程度耐性のある弁護士の方がよいでしょう。

 

全ての条件を満たす弁護士であればそれが一番ですが、実際にはどれかが欠けることがありますので、その中でも自分の求める条件に近い弁護士を探してみてください。

そのうえで、当事務所にご依頼いただける場合は、紛争の解決に向けて尽力させていただきます。

 


  • 不貞の慰謝料でお悩みの皆様へ|不貞の慰謝料を弁護士に依頼するメリット|慰謝料を請求する場合・される場合の双方にメリットがあります|詳細はこちら
  • 離婚に関する基礎知識を弁護士が詳しく解説!

    • 離婚手続き
    • 離婚の種類
    • DVについて
    • モラハラについて
  • 当日・翌日のご相談予約受付中まずはお電話ください

    大関弁護士への初回相談専用番号 0297-85-3352 平日9:00-18:00(夜間・土日対応) JR常磐線佐貫駅東口 徒歩4分

    CONTENT MENU

    Access map

    事務所イメージ

    取手駅前法律事務所

    〒302-0004
    茨城県取手市取手2-10-15
    ナガタニビル5階

    JR常磐線 取手駅東口徒歩2分/事務所周辺駐車場有

    大関弁護士への初回相談専用番号 0297-85-3352 平日9:00-18:00(夜間・土日対応)

    アクセスマップはこちら

    対応エリア
    茨城県を中心に龍ヶ崎市、取手市、牛久市、つくば市守谷市、つくばみらい市、土浦市かすみがうら市、稲敷市、利根町、河内町、阿見町、美浦村 に対応

    茨城県南の弁護士による法律相談

    茨城県南の弁護士による離婚・慰謝料・財産分与相談

    離婚相談票 ダウンロードはこちら

    TOPへ戻る