‘解決事例’

訴訟において離婚が成立した事例

依頼者:50代夫相手方:50代妻子どもあり 親権:夫/期間:2年6か月   事案 妻が家を出る形で別居を開始し、数年経過したところで調停申立てがなされたという事案です。夫は会社の要職にあるため、ほとんど調停に出席することができませんでした。 弁護士からのコメント 調停には原則として本人が出席しなければなりません。代理人がついていても同様です。しかし、本件では、夫が仕事で調
続きを読む >>

妻と不貞相手の双方に不貞行為の慰謝料請求訴訟を行い、妻から100万円、不貞相手から70万円を回収した事例

依頼者:40代夫相手方:40代妻、40代妻の不貞相手 解決金:170万円/支払い方法:分割/期間:1年6か月   事案 妻が不貞相手と浮気をしたという事案です。当初、夫が妻の不貞相手についてのみ慰謝料請求の内容証明郵便を発送していましたが、金額が折り合わなかったため、訴訟提起をすることとなりました。訴訟提起をする際には、不貞相手とともに妻も被告としています。なお、夫と妻はこの
続きを読む >>

協議段階で双方に代理人がつき公正証書を作成する形で離婚を成立させた事例

  依頼者:50代夫相手方:50代妻未成年の子はなし 解決金:300万円/支払い方法:分割/性格の不一致   事案 10年以上別居していたという事案です。夫は、別居して数年後、別の女性との間に家庭を築いていました。 弁護士からのコメント 本件では離婚が成立する前に、別の女性との間で家庭を築いていました。このような場合には、無条件で不貞行為となるのではなく、夫婦
続きを読む >>

内容証明郵便で不貞行為の慰謝料請求を行い、任意で200万円の支払いを受けた事例

  依頼者:30代夫相手方:30代妻の不倫相手 解決金:200万円/支払い方法:一括   事案 夫が妻の不貞相手に内容証明郵便で慰謝料を請求したという事案です。妻が不貞相手と宿泊をしたことが夫に発覚しました。夫は妻と離婚にまでは至っていないものの、この件がきっかけで夫婦関係がこじれてしまいました。 弁護士からのコメント 私がこれまでに扱った不貞行為の慰謝料請求
続きを読む >>

不貞行為の慰謝料請求訴訟を行い、分割で慰謝料の支払いを受ける和解を成立させた事例

  依頼者:30代妻相手方:30代夫の不倫相手 解決金:180万円/支払い方法:分割   事案 妻が夫の不貞相手に訴訟にて慰謝料請求を行ったという事案です。不貞の事実自体は争いありませんでしたが、先方に支払能力がなく実質的には夫から回収するような形となりました。 弁護士からのコメント この事案では、不貞行為発覚後に夫が不貞相手との関係を清算するのではなく、妻よ
続きを読む >>

養育費を決める際、私立高校進学に関する授業料が考慮されなかった事例

  依頼者:40代夫相手方:40代妻子:2人(高校生) 受任から解決までの期間:6か月親権:妻/養育費:5万円   事案 妻が子どもを連れて別居後、妻が夫に相談をせずに子どもを私立高校に進学させたという事案です。 弁護士からのコメント 養育費を決める際は、まず、当事者で話し合いを行います。なかなか話し合いがつかず養育費が決まらない場合には、養育費の相場をもとに
続きを読む >>

不貞行為の慰謝料請求訴訟を行い、双方から合計180万円を回収した事例

  依頼者:40代夫相手方:妻、不貞相手いずれも40代  解決金:180万円/支払い方法:分割/受任から解決までの期間:2年半   事案 妻と不貞相手を被告とする慰謝料請求とともに、別途、妻との間で離婚調停を行っていたという事案です。妻からは離婚調停で慰謝料を回収した後に訴訟を取り下げ、不貞相手からは訴訟上で和解することにより慰謝料を回収しました。 弁護士からの
続きを読む >>

不貞相手の夫に対して不貞相手とともに合計200万円を支払う内容で和解をした事例

  依頼者:40代男性相手方:30代不貞相手の夫  解決金:200万円/支払い方法:一割/受任から解決までの期間:半年   事案 不貞行為が先方の夫に発覚してしまい、夫が妻と不貞相手に対し慰謝料を請求したという事案です。 弁護士からのコメント 不貞行為を行った場合、不貞行為を行った者同士は被害者(本件では夫)に対し、不真正連帯債務を負うことになります。不貞行為
続きを読む >>

財産分与で、不動産の価値が問題となった事例

  依頼者:30代夫相手方:30代妻子:1人離婚原因:性格の不一致 解決金:100万円/支払い方法:一割/受任から解決までの期間:2年半親権:妻/養育費:5万円   事案 マイホーム購入後に離婚に至ってしまったという事案です。 弁護士からのコメント 財産分与の話し合いをする場合、厳密にやりたいということであれば、ありとあらゆる共有財産を金銭的に評価する必要が出
続きを読む >>

財産分与で、別居直前の預貯金の現金化が問題となった事例

  依頼者:30代夫相手方:30代妻子:1人離婚原因:性格の不一致 解決金:50万円/支払い方法:一割/受任から解決までの期間:3年親権:妻/面会交流:別途、審判/養育費:8万円   事案 別居の1週間前に、妻が預貯金を100万おろしていたという事案です。 弁護士からのコメント 財産分与をする際、預貯金については、原則として別居時の預貯金額を基準にします。そう
続きを読む >>



<< 前の情報を見る
  • 離婚に関する基礎知識を弁護士が詳しく解説!

    • 離婚手続き
    • 離婚の種類
    • DVについて
    • モラハラについて
  • 当日・翌日のご相談予約受付中まずはお電話ください

    大関弁護士への初回相談専用番号 0297-85-3352 平日9:00-18:00(夜間・土日対応) JR常磐線佐貫駅東口 徒歩4分

    CONTENT MENU

    Access map

    事務所イメージ

    取手駅前法律事務所

    〒301-0032
    茨城県取手市取手2-10-15
    ナガタニビル5階

    JR常磐線 取手駅東口徒歩2分

    大関弁護士への初回相談専用番号 0297-85-3352 平日9:00-18:00(夜間・土日対応)

    アクセスマップはこちら

    対応エリア
    茨城県を中心に龍ヶ崎市、取手市、牛久市、つくば市守谷市、つくばみらい市、土浦市かすみがうら市、稲敷市、利根町、河内町、阿見町、美浦村 に対応

    茨城県南の弁護士による法律相談

    茨城県南の弁護士による離婚・慰謝料・財産分与相談

    離婚相談票 ダウンロードはこちら

    TOPへ戻る