内容証明郵便で不貞行為の慰謝料請求を行い、任意で200万円の支払いを受けた事例

 

依頼者:30代夫
相手方:30代妻の不倫相手


解決金:200万円/支払い方法:一括

 

事案

夫が妻の不貞相手に内容証明郵便で慰謝料を請求したという事案です。妻が不貞相手と宿泊をしたことが夫に発覚しました。夫は妻と離婚にまでは至っていないものの、この件がきっかけで夫婦関係がこじれてしまいました。

弁護士からのコメント

私がこれまでに扱った不貞行為の慰謝料請求のなかで、解決までにかかった時間が最も短い事案です。
不貞行為の相手方は内容証明郵便を受け取った後、すぐに請求額全額を振り込んできました。通常であれば、相手方より連絡がきて、慰謝料の減額交渉などを経た後、合意書を作成します。そして、合意書の中で、示談金、支払時期などの取り決めをします。ですが、本件ではそのような過程を経ずに全額が入金されました。かなり例外的なケースであり、数年に1度あるかないかという程度なので、あまり参考にはならないかもしれません。
相手方が満額を支払ってきたのも、金銭的な余裕があったのだろうと推測されます。

慰謝料請求の解決事例

解決事例の解決事例

  • 離婚に関する基礎知識を弁護士が詳しく解説!

    • 離婚手続き
    • 離婚の種類
    • DVについて
    • モラハラについて
  • 当日・翌日のご相談予約受付中まずはお電話ください

    大関弁護士への初回相談専用番号 0297-85-3352 平日9:00-18:00(夜間・土日対応) JR常磐線佐貫駅東口 徒歩4分

    CONTENT MENU

    Access map

    事務所イメージ

    取手駅前法律事務所

    〒301-0032
    茨城県取手市取手2-10-15
    ナガタニビル5階

    JR常磐線 取手駅東口徒歩2分

    大関弁護士への初回相談専用番号 0297-85-3352 平日9:00-18:00(夜間・土日対応)

    アクセスマップはこちら

    対応エリア
    茨城県を中心に龍ヶ崎市、取手市、牛久市、つくば市守谷市、つくばみらい市、土浦市かすみがうら市、稲敷市、利根町、河内町、阿見町、美浦村 に対応

    茨城県南の弁護士による法律相談

    茨城県南の弁護士による離婚・慰謝料・財産分与相談

    離婚相談票 ダウンロードはこちら

    TOPへ戻る