妻と不貞相手の双方に不貞行為の慰謝料請求訴訟を行い、妻から100万円、不貞相手から70万円を回収した事例

依頼者:40代夫
相手方:40代妻、40代妻の不貞相手

解決金:170万円/支払い方法:分割/期間:1年6か月

 

事案

妻が不貞相手と浮気をしたという事案です。当初、夫が妻の不貞相手についてのみ慰謝料請求の内容証明郵便を発送していましたが、金額が折り合わなかったため、訴訟提起をすることとなりました。訴訟提起をする際には、不貞相手とともに妻も被告としています。
なお、夫と妻はこの訴訟と並行して離婚調停を行っていました。

弁護士からのコメント

この事案の特色は、慰謝料請求の訴訟と並行して離婚調停が行われていたことです。また、離婚調停については、別の弁護士に依頼をして、弁護士を使い分けていたというのも特徴的です。
妻が、「不貞行為時には既に婚姻関係が破綻していた」と主張していましたが、同居中の浮気であり、裁判所は妻の弁解には全く耳を傾けていませんでした。このような主張をするのであれば、最低でも別居していないと話になりません。妻がこのような苦し紛れの弁解にこだわったため、裁判は必要以上に長引いてしまいました。
最終的には話し合いがまとまり、不貞相手との間ではこの訴訟で和解を成立させ、妻との間では離婚調停の手続の中で和解を成立させました。妻に対する訴訟は、妻からの慰謝料の支払いを確認した後に訴えを取り下げる形で終了させています。

慰謝料請求の解決事例

解決事例の解決事例

  • 離婚に関する基礎知識を弁護士が詳しく解説!

    • 離婚手続き
    • 離婚の種類
    • DVについて
    • モラハラについて
  • 当日・翌日のご相談予約受付中まずはお電話ください

    大関弁護士への初回相談専用番号 0297-85-3352 平日9:00-18:00(夜間・土日対応) JR常磐線佐貫駅東口 徒歩4分

    CONTENT MENU

    Access map

    事務所イメージ

    取手駅前法律事務所

    〒301-0032
    茨城県取手市取手2-10-15
    ナガタニビル5階

    JR常磐線 取手駅東口徒歩2分

    大関弁護士への初回相談専用番号 0297-85-3352 平日9:00-18:00(夜間・土日対応)

    アクセスマップはこちら

    対応エリア
    茨城県を中心に龍ヶ崎市、取手市、牛久市、つくば市守谷市、つくばみらい市、土浦市かすみがうら市、稲敷市、利根町、河内町、阿見町、美浦村 に対応

    茨城県南の弁護士による法律相談

    茨城県南の弁護士による離婚・慰謝料・財産分与相談

    離婚相談票 ダウンロードはこちら

    TOPへ戻る