‘裁判離婚’

離婚訴訟において、慰謝料請求部分を断念させた事例

依頼者:30代夫相手方:30代妻離婚原因:性格の不一致離婚等の種類:裁判離婚 解決金:/支払い方法:/受任から解決までの期間:8か月   事案 弁護士に相談にきた時点で既に離婚調停が終了しており、妻から離婚訴訟を提起されたという事案です。 弁護士からのコメント 離婚訴訟において、一方が他方の暴言・暴力を理由に慰謝料請求をしてくることが散見されます。しかし、よくよく話を聞い
続きを読む >>

妻が夫の暴言、暴力を主張して離婚訴訟まで行ったが、判決では慰謝料が認められなかった事例

依頼者:夫相手方:妻離婚原因:夫の暴言、暴力離婚等の種類:訴訟 解決金:判決/受任から解決までの期間:2年   事案 妻が夫の暴言、暴力を主張して慰謝料を求めるとともに、相場以上の財産分与を要求してきた事案です。調停時には妻側が財産分与に関する資料の提出を拒んだため、調停は不成立となりました。訴訟では、主に慰謝料と財産分与の争点について、お互いの主張をしていきました。本人同士
続きを読む >>

夫の不倫相手から、裁判で180万円の慰謝料を受け取る内容の和解を成立させた例

依頼者:30代女性相手方:30代夫の不倫相手離婚等の種類:裁判解決金:180万円支払い方法:分割受任から解決までの期間:6か月 事案 妻が夫の浮気相手に対し慰謝料を求めたものの、浮気相手から支払いを拒まれてしまったという事案です。その後、弁護士が代理人となり訴訟を提起しました。浮気相手は、不貞行為は認めていましたが、金額面でなかなか折り合いが付きませんでした。最終的には、裁判所からの和解勧
続きを読む >>

妻からの請求金額を約700万円減額して裁判上の和解を成立させた例(夫側)

依頼者:70代夫相手方:60代妻離婚原因:夫の暴力、暴言離婚等の種類:裁判解決金:100万円支払い方法:一括年金分割:0.5受任から解決までの期間:10か月 事案 妻が夫の暴力を原因として300万円の慰謝料と約700万円の財産分与を求めて訴訟提起してきたという事案です。弁護士が妻の主張に対し反論を行った結果、和解の話し合いの際には、慰謝料については妻が主張を撤回し、財産分与についてのみ夫が
続きを読む >>



  • 離婚に関する基礎知識を弁護士が詳しく解説!

    • 離婚手続き
    • 離婚の種類
    • DVについて
    • モラハラについて
  • 当日・翌日のご相談予約受付中まずはお電話ください

    大関弁護士への初回相談専用番号 0297-85-3352 平日9:00-18:00(夜間・土日対応) JR常磐線佐貫駅東口 徒歩4分

    CONTENT MENU

    Access map

    事務所イメージ

    取手駅前法律事務所

    〒301-0032
    茨城県取手市取手2-10-15
    ナガタニビル5階

    JR常磐線 取手駅東口徒歩2分

    大関弁護士への初回相談専用番号 0297-85-3352 平日9:00-18:00(夜間・土日対応)

    アクセスマップはこちら

    対応エリア
    茨城県を中心に龍ヶ崎市、取手市、牛久市、つくば市守谷市、つくばみらい市、土浦市かすみがうら市、稲敷市、利根町、河内町、阿見町、美浦村 に対応

    茨城県南の弁護士による法律相談

    茨城県南の弁護士による離婚・慰謝料・財産分与相談

    離婚相談票 ダウンロードはこちら

    TOPへ戻る