依頼者に負担にならない解決方法の提案がモットー

弁護士に相談するのは、裁判になってからと思われている方が多いようですが、話し合い段階から弁護士に相談いただくことで、スムーズかつ早期解決が望めます。

個別相談会実施中!受付時間 平日 9:00~18:00大関弁護士への初回相談専用番号 0297-85-3552 受付時間 9:00~18:00(夜間・土日対応)

24時間対応!相談予約フォーム
弁護士紹介はこちら
  • 夫・妻が浮気・不倫しているかもしれない 浮気相手への慰謝料請求
  • 離婚の際に住宅ローンや車、貯金はどうなるの 夫婦の財産の分け方
  • 慰謝料請求されてしまった 慰謝料請求されたら

事前にご予約ください。当日では対応できない可能性がございます。

 LINE

クリックして拡大できます。

取手駅前法律事務所があなたのお悩み解決します。お気軽にお問合せ下さい。

皆さま、こんにちは。

世の中には間違った情報・知識が数多く存在しています。そのような情報を鵜呑みにして、ご自身で「もうダメだ」と判断してしまわないでください。
弁護士は、正しい情報を前提に紛争の解決方法を判断していきます。
その結果、ご自身で下した判断とは異なる結論になることも少なくありません。

もちろん、紛争の内容によっては、法的にどうしようもないという場合もありますが、弁護士からそのような見解を聞くだけでも、「不安が解消した」という相談者の方はたくさんいらっしゃいます。
どんな些細なことでも構いませんので、まずは、当事務所までお気軽にご連絡下さい。
茨城で育った者として少しでも茨城の皆さまのお役に立てれば幸いです。
取手駅前法律事務所 弁護士 大関 太朗

離婚事件は地元の弁護士に相談、ご依頼されることをおすすめします。

 離婚事件は、損得だけではなく、当事者の心情に沿った解決が優先される事件です。実際の事件処理にあたって、ご本人が重要でないと思っている事実が実は重要だったというような場合もあります。このような事実や当事者のお気持ちは、弁護士と顔を合わせて打ち合わせをする中で把握されていきます。
 このように、離婚事件は他の事件と比較しても弁護士との打ち合わせが重要な事件といってよいでしょう。 弁護士は、離婚に関する事案を多数処理しているので、その経験から、法的な面だけでなく、心理面での実践的なサポートもすることができます。ご依頼になったら、納得するまで何度も打ち合わせを行うとよいでしょう。

 つまり、打ち合わせを面倒に思わず、何度でも話を聞いてくれる弁護士がよい弁護士であるといってよいと思います。
 取手駅前法律事務所では初回のご相談で離婚事件の処理をご依頼になる方はわずかです。それは、すぐに弁護士に依頼することをお勧めしていないからです。

続きはこちら

 取手駅前法律事務所の離婚事件処理方針

1 ご相談者の意向にそって、最も望ましい解決策を提案します。

離婚を希望される場合、ご相談者の考える離婚条件が最良の選択肢であるとは限りません。
また、円満方向での解決を希望される場合であっても、先々の事情を考慮すると頭の片隅に離婚のことを考えておく必要があります。

続きはこちら

2 事件のスピード解決を重視します。

離婚の話し合いの流れとしては、協議、調停、訴訟とありますが、一番手間がかからない方法はもちろん協議離婚です。

調停の場合は、1か月に1回程度しか行われず、解決までに時間がかかります。
離婚が成立しない状況が続くと、いつまでたっても児童扶養手当をもらうことができず、また、婚姻費用を支払い続けなければなりません。

続きはこちら

3 事案に応じたきめ細やかな対応を心掛けています。

離婚の話し合いは、当事者にとって心身ともに負担となるものです。このため、取手駅前法律事務所では、離婚事件の処理に際し、依頼者の精神的サポートが重要であると考えています。

続きはこちら

4 他業種との連携により手続をトータルサポートします。

離婚の解決にあたっては、不動産の評価・処分・登記、各種申請などさまざまな手続が関わってきます。

続きはこちら

離婚に関する基礎知識を弁護士が詳しく解説!

  • 離婚手続き
  • 離婚の種類
  • DVについて
  • モラハラについて

相談から離婚までの全体像

離婚に関する協議の実施/協議の代理、もしくはアドバイスを行います/協議離婚作成のサポートを行います。/調停の代理もしくはアドバイスを行います。/裁判の代理を行います。

取手駅前法律事務所の離婚サポート

自分で進めたい/弁護士に任せたい/相談段階/協議段階/調停段階/訴訟段階/離婚後

弁護士費用の詳細はこちら

取手駅前法律事務所が選ばれる理由

  • 1 弁護士費用の分割払い、後払いにも対応しています
    弁護士に依頼したいが、今は弁護士費用を払う余裕がないという方でも、ご依頼いただきやすいように、分割払い、後払いも可能にしています。
  • 2 信頼のおける興信所をご紹介できます
    行政書士は法的評価を行う業務はできず、(認定)司法書士が法律上行うことのできる法律相談業務は、 離婚問題全般をカバーできるものではありません。その点、弁護士は全てに対応できます。すばやい解決をお望みなら弁護士にご相談ください。
  • 3 不動産会社のご紹介が可能です
    離婚の際に問題になる1つが、住宅の問題だと思います。当事務所は信頼の置ける不動産会社をご紹介できます。また、住宅を売るとなった場合、その売却費用から弁護士費用をお支払いいただくことも可能です。

取手駅前法律事務所に寄せられた相談内容

2017年9月

・離婚済み。自分名義の家に住んでいたが妻が出て行ったが、鍵など返してくれない。
・離婚済み。養育費の支払いを滞納して、給与が差し押さえられてる。

2017年8月

・別居中の夫から内容証明が届いた。

2017年7月

・DVされている。
・調停が不成立になった。
・不倫をしてしまって、相手の奥さんから慰謝料請求されそう。

2017年6月

・婚姻費用について相談したい。
・交際相手が妊娠したが、先方は結婚したくないとのこと。

2017年5月

・協議書をチェックしてほしい。
・不倫相手の夫から慰謝料を請求されている。

過去の相談内容一覧はこちら

取手駅前法律事務所にご相談いただいている地域

取手駅前法律事務所は取手、守谷、龍ヶ崎、牛久、つくば、土浦、稲敷、つくばみらい、利根、河内、阿見の茨城県南エリアの皆様や、その周辺エリアの皆様からのご相談を多くいただいております。私自身が取手出身ですので、茨城県南エリアにはとても愛着があります。弁護士登録してから最初の3年間は東京の法律事務所で経験を積んできましたが、愛着のある茨城県南に戻ってまいりました。

取手駅前法律事務所には初めて弁護士に相談する方が多くいらっしゃいます。その中で思うこととは、「もっと早い段階でご相談に来ていただいていれば、よりよい条件で解決できたり、解決方法の選択肢がたくさんあったのに」ということです。弁護士は敷居が高いイメージがありますので、「弁護士に相談するのは最終手段だ」と思われている方が多いようですが、ちょっと別の角度から考えてみてください。ご自身が大病を患った場合、自力で治療や手術をするでしょうか。自分で手術をしてみて、「失敗したからお医者さんお願いします」ということはないと思います。法的な紛争もそれと同じです。法律問題は、皆様の考えている以上に難しいものです。自分で処理を試みて、「失敗したからお願いします」というのでは、今後採りうる手段も変わってきます。また、弁護士に相談することで自身の抱える問題が直ちに手術の必要な大病であるか、それともかすり傷程度であるのかも知ることができます。

取手駅前法律事務所は、悩みを抱える方が本来進むべき道を踏み外してしまう失敗をせずに、気軽に相談できるよう初回30分無料で法律相談を行っております。平日の仕事帰りの時間帯でもご相談いただけるよう夜間相談にも対応しておりますので、一人で悩まずにまずはご相談ください。

 

茨城県(取手)の離婚について

 人口(人) 婚姻件数(件) 離婚件数(件)
全国(2015)  125,362,000 635,096  226,198
茨城県(2015)  2,878,000  13,498 5,190
取手市(2015)  105,579 495※  190※ 

 ※茨城県全体にかかる人口比率からの推測値

 (参照元:平成27年茨城県人口動態統計月報年計(概数)の概況)
http://www.pref.ibaraki.jp/hokenfukushi/koso/iji/koso/stachischics/populachion/index.html 

  2015年の日本の人口は約1億2500万人、その中で、茨城県の人口は約290万人と、47都道府県中11番目に位置しています。
  茨城県は、婚姻件数が年間約13,000件で、婚姻件数ランキングで、全国で19位に位置付けられています。一方、年間の離婚件数は、5,190件で、離婚件数ランキングでは、全国で11位と位置付けられています。全国的に見れば、年間の婚姻件数に占める離婚件数の割合は35%となっていますが、茨城県だと38%で全国平均を約3%上回っているという結果になっています。
  取手エリアについてみてみると、市の人口は約10万人と県内44地域中7番目となっております。取手は婚姻件数495件で、離婚件数は190件。取手の年間の婚姻件数に占める離婚件数の割合は38%となっており、茨城県と同様に全国平均を上回っています。

  前年度のデータから比較しても、婚姻件数は302件減少しているのに対し、離婚件数は235件増加しているということがわかっています。婚姻数が減少し、離婚数が増加しているということは、相対的に見て離婚の割合が多くなってきているという傾向にあります。これは、茨城県全体の傾向ですが、取手においても同様であるということが言えるでしょう。

  離婚は決して他人事ではなく身近なものとなってきています。一昔前までは、結婚生活に不満があっても、どちらかが堪え忍んで結婚生活を継続することが正しいような風潮もありましたが、そのような考え方をする時代ではなくなってきたことが原因かもしれません。茨城県、取手が全国平均を上回る離婚件数の割合ということは、離婚を思いとどまらないという現代の考え方が、茨城県、取手により浸透しているということかもしれません。
  当事務所でも取手市をはじめとする近隣の市町村から多数の離婚相談を受けています。離婚に限りませんが、何ごとも初動が重要です。最初に踏み出す一歩を誤ると、その後、なかなか修正がきかなくなってしまうことがありますので、慎重に検討したうえで行動に移してください。その検討をする際の一助となれば幸いです。取手出身の弁護士として取手の皆さまのお役に立てればと思います。

当日・翌日のご相談予約受付中まずはお電話ください

大関弁護士への初回相談専用番号 0297-85-3352 平日9:00-18:00(夜間・土日対応) JR常磐線佐貫駅東口 徒歩4分

CONTENT MENU

Access map

事務所イメージ

取手駅前法律事務所

〒301-0032
茨城県取手市取手2-10-15
ナガタニビル5階

JR常磐線 取手駅東口徒歩2分

大関弁護士への初回相談専用番号 0297-85-3352 平日9:00-18:00(夜間・土日対応)

アクセスマップはこちら

対応エリア
茨城県を中心に龍ヶ崎市、取手市、牛久市、つくば市守谷市、つくばみらい市、土浦市かすみがうら市、稲敷市、利根町、河内町、阿見町、美浦村 に対応

茨城県南の弁護士による法律相談

茨城県南の弁護士による離婚・慰謝料・財産分与相談

離婚相談票 ダウンロードはこちら

TOPへ戻る