妻が複数の男性と不貞行為をしていたという事例

依頼者:夫
相手方:不貞相手
離婚等の種類:交渉


解決金:250万円/受任から解決までの期間:6ヶ月

 

事案

妻が複数の男性と不貞行為をしていたことが夫に判明してしまったという事案です。夫は不貞相手2名について慰謝料請求を試みました。

弁護士からのコメント

不貞行為の慰謝料については相場があります。
裁判を行った場合、不貞行為によって離婚に至ってしまったときは200万円程度、離婚には至らずなんとか踏みとどまった場合には50万円程度と言われてます。離婚に至ってしまった場合の方がより精神的な損害が大きいため、離婚に至らない場合よりも金額が大きくなります。
もっとも、裁判官によっても金額にばらつきがあります。離婚に至った場合には300万円、離婚に至らなかった場合には200万円というような裁判官にあたったこともあります。
また、いまだ離婚には至っていないけれども婚姻関係は破綻に瀕しているという場合を、「離婚するのは時間の問題だ」として離婚に至ってしまったときと同じ金額で考えている裁判官もいれば、あくまで離婚前なので離婚に至った場合よりも金額を下げるべきだという裁判官もいます。
もう一人の不貞相手は、なんとか名字だけは判明したものの、その他には「ある自動車に乗っている」ということしかわからない事案でした。慰謝料を請求をするためには、最低限、相手の名前と住所がわからなければなりません。この事案では、自動車を購入したお店まで判明しましたので、弁護士会照会の制度を使って、弁護士会よりそのお店に対し、購入者の情報を開示するよう働きかけました。弁護士会照会をすると、それに答えなければならない義務は生じますが、罰則などはありませんので、拒まれたらどうしようもありません。本件では、残念ながら回答を拒まれてしまいましたので、これ以上追跡をすることができませんでした。この場合でも、自動車のナンバーまで判明していれば、陸運局に対し弁護士会照会をすることで人物の特定は可能でした。

慰謝料請求の解決事例

解決事例の解決事例

  • 離婚に関する基礎知識を弁護士が詳しく解説!

    • 離婚手続き
    • 離婚の種類
    • DVについて
    • モラハラについて
  • 当日・翌日のご相談予約受付中まずはお電話ください

    大関弁護士への初回相談専用番号 0297-85-3352 平日9:00-18:00(夜間・土日対応) JR常磐線佐貫駅東口 徒歩4分

    CONTENT MENU

    Access map

    事務所イメージ

    取手駅前法律事務所

    〒301-0032
    茨城県取手市取手2-10-15
    ナガタニビル5階

    JR常磐線 取手駅東口徒歩2分

    大関弁護士への初回相談専用番号 0297-85-3352 平日9:00-18:00(夜間・土日対応)

    アクセスマップはこちら

    対応エリア
    茨城県を中心に龍ヶ崎市、取手市、牛久市、つくば市守谷市、つくばみらい市、土浦市かすみがうら市、稲敷市、利根町、河内町、阿見町、美浦村 に対応

    茨城県南の弁護士による法律相談

    茨城県南の弁護士による離婚・慰謝料・財産分与相談

    離婚相談票 ダウンロードはこちら

    TOPへ戻る