訴訟で、妻の不貞行為の相手方から慰謝料180万円を回収した事例

 

依頼者:夫
相手方:不倫相手
離婚等の種類:訴訟


解決金:180万円/支払い方法:分割/受任から解決までの期間:1年

 

事案

妻が不倫をしていたという事案です。相手方の所在がわからなかったため、住所を探すのに苦労しました。
訴訟では、事実関係自体は争いがなく、すぐに慰謝料の額の話になりましたが、相手方が一括払いできないとのことでしたので、やむなく分割払いで和解を成立させることとなりました。

弁護士からのコメント

不貞行為の慰謝料請求に限らず、相手方の住所がわからないのは困ります。全く手掛かりがない場合には、どうしようもありません。ですが、携帯電話の番号等が分かる場合には、弁護士会照会という方法により携帯電話会社から直接携帯電話の契約者の情報を聞き出せる場合があります。本件では、なんとか依頼者が相手方の住所をつきとめることに成功したため、その住所宛に内容証明を送り、その後、訴訟を行いました。
訴訟を行ったのは、内容証明を送っても相手方に無視されてしまったからです。内容証明を送った場合、相手方の態度は、大きく分けて①請求額をそのまま支払ってくる、②減額の提案をしてくる、③請求を拒む、④無視するの4つです。
このうち、③請求を拒んできた場合や、④無視されてしまった場合には、こちらとしては諦めるか訴訟をするしかありません。このとき、当方で確保している証拠の証拠価値が高い場合には、訴訟を選択することが多いです。
金額交渉の際、相手方に十分な資力がなかったため、相手方は、長期の分割払いを提案してきました。こちらとしては、「なんとかしてお金を工面してこい」と言いたいところですが、ないものは仕方ありません。そこで、長期の分割払いに応じる条件として、総額の上乗せを強硬に提案したところ、相手方もこれに応じたため、和解を成立させることができました。

慰謝料請求の解決事例

解決事例の解決事例

  • 離婚に関する基礎知識を弁護士が詳しく解説!

    • 離婚手続き
    • 離婚の種類
    • DVについて
    • モラハラについて
  • 当日・翌日のご相談予約受付中まずはお電話ください

    大関弁護士への初回相談専用番号 0297-85-3352 平日9:00-18:00(夜間・土日対応) JR常磐線佐貫駅東口 徒歩4分

    CONTENT MENU

    Access map

    事務所イメージ

    取手駅前法律事務所

    〒301-0032
    茨城県取手市取手2-10-15
    ナガタニビル5階

    JR常磐線 取手駅東口徒歩2分

    大関弁護士への初回相談専用番号 0297-85-3352 平日9:00-18:00(夜間・土日対応)

    アクセスマップはこちら

    対応エリア
    茨城県を中心に龍ヶ崎市、取手市、牛久市、つくば市守谷市、つくばみらい市、土浦市かすみがうら市、稲敷市、利根町、河内町、阿見町、美浦村 に対応

    茨城県南の弁護士による法律相談

    茨城県南の弁護士による離婚・慰謝料・財産分与相談

    離婚相談票 ダウンロードはこちら

    TOPへ戻る